国際銀行間決済では現在、ベルギーに本拠地を置く国際銀行間通信協会「SWIFT」を利用するのが一般的だ。ただ平均して処理に2日以上かかるなどいくつかの課題があった。こうした状況を変えようと試みるのが、国際決済サービスを開発する米Rippleだ。

この記事は日経FinTech購読者限定です