金融機関が勘定系システムの機能を、API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)としてFinTech企業などに公開する可能性がいよいよ現実味を帯びてきた。

この記事は日経FinTech購読者限定です