SBIインベストメントは2017年2月21日、同社が運営する「FinTechファンド」など6ファンドを通じて、サイバーセキュリティ事業やクラウドソーシング事業を手掛けるココンに総額5億円を出資したと発表した。SBIグループ各社やSBIグループの関係先企業などにココンのセキュリティ診断サービスなどのセキュリティ関連サービスを展開。モバイルアプリやWebサイト経由で提供するサービスの安全性向上を図る。

この記事は日経FinTech購読者限定です