千葉銀行と第四銀行は2017年4月12日にそれぞれ、金融商品の購買確率などを予測するモデルを開発し、本番導入したと発表した。ビッグデータ解析などに強みを持つゼネリックソリューションとの協業で実現したという。

この記事は日経FinTech購読者限定です