「想像していた10倍のスピードで広がった」──。元グリーのエンジニアを経てVALUを設立した小川晃平氏は、驚きを隠せない。同社は2017年5月31日、「VA」と呼ばれるトークンを個人が発行し、売り出せるサービス「VALU」のベータ版をローンチした。「インフルエンサー」が反応、一気に火がついた。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料