米Stripeは2017年12月12日、クレジットカードの不正使用に関する独自レポートを公開した。同社によると、カードでの購買が活発な時期や時間帯を避けて、不正使用者が活動する傾向があることが明らかになった。

この記事は日経FinTech購読者限定です