ネクスウェイは2017年12月14日、不動産の投資型クラウドファンディング事業者向けに、非対面で投資家の本人確認を可能とする「本人確認・発送追跡サービス」を提供開始すると発表した。多数の投資家から小口の資金を集める不動産クラウドファンディング事業者が顧客のアカウントを開設する際には、犯罪収益移転防止法(犯収法)に基づく本人確認が義務付けられている。新サービスを利用すれば、投資家への本人確認書類の発送など、犯収法に基づく本人確認業務を簡素化できる。

この記事は日経FinTech購読者限定です