日本ユニシスは2018年2月9日、オープンAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の公開基盤「Resonatex」が、百五銀行に採用されたと発表した。百五銀行は、10月をめどに参照系のAPIに加え、資金移動も可能なAPIの公開に向けて体制を整える。

この記事は日経FinTech購読者限定です