三井住友銀行は2018年3月1日、個人向けサービスの利便性を向上させるために3つの機能強化を今後図ると発表した。VISAと連携したデビットカードとキャッシュカードが一体化した多機能カードを発行するほか、口座開設者が申し込みなしでインターネットバンキングを利用できるようにする。キャッシュレス決済環境など利便性を高め、顧客満足度の向上につなげる狙い。

この記事は日経FinTech購読者限定です