SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaは2018年3月7日、両社が事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」が、スマートフォン向けの送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供開始すると発表した。銀行の口座番号や携帯電話番号、QRコードによる送金機能を備え、指紋による生体認証と組み合わせることで、銀行口座に紐付いた個人間送金を安全、リアルタイムにできるという。

この記事は日経FinTech購読者限定です