SBIホールディングスの100%子会社であるSBIバーチャル・カレンシーズは2018年6月4日、仮想通貨の取引サービスを正式に開始したと発表した。まずは、2017年10月に実施した先行予約で口座開設を申し込んだ2万人を超える顧客を対象にサービスを開始。取引に必要なパスワードなどの情報を郵送で順次、届ける。2018年7月中を目処に一般の希望者から口座開設の申し込みを受け付ける予定。

この記事は日経FinTech購読者限定です