北洋銀行は2018年7月19日、千葉銀行、第四銀行、中国銀行と基幹系システムを共同化することで合意したと発表した。各銀行と日本IBMが共同で開発した基幹系システムを利用し、様々な機能の開発や運用・保守を共同で実施する。具体的には、預金、為替、融資などの業務処理機能、各種ATM、インターネットバンキングおよび、外部センターとの接続機能などを、2022年度から共同化する予定だ。

この記事は日経FinTech購読者限定です