米国のニューイングランド地方、中部大西洋岸地方、北部中央地方に約1150の支店を展開するCitizens Financial Groupは、2018年7月10日、デジタル専業銀行「Citizens Access」を開業した。グループ傘下のCitizens銀行とは別のインターネット専業銀行として、高金利で手数料を無料化した預金商品を、全米の消費者に向けて販売する。

この記事は日経FinTech購読者限定です