LINEは2018年8月31日、ブロックチェーン技術を活用した「LINE Token Economy」構想を発表した。独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤に、オープンソースの分散型アプリケーション「DApp(Decentralized Applications)」を用いて、独自開発の汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」を利用できる「LINEエコシステム」を構築していく。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料