富士通は2018年10月29日、全国銀行資金決済ネットワーク(以下、全銀ネット)が実施する、資金決済システムでのブロックチェーン技術の活用可能性を探る実証実験に参画すると発表した。実験では、みずほ銀行や三菱UFJ銀行など9行が、銀行間資金決済専用のデジタル通貨(以下、決済用デジタル通貨)を用いて、小口取引を対象に即時決済方式による銀行間資金決済を実施。その仕組みに関わる機能とブロックチェーン技術の有用性を検証する。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!