FinTechを活用した住宅ローンコンサルティングのMFSは2018年10月30日、静岡銀行「住宅ローンに関する協定書」を締結したと発表した。この協定に基づき、MFSでは静岡銀行に住宅ローンの借り入れを希望する利用者に対し、コンサルティングをはじめ、申し込み手続きから審査承認の取得までの一連の作業をサポートできるようになる。利用者は、煩雑な住宅ローン申請の手続きにかかわる作業の負担を軽減できるという。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!