アイリッジ子会社のフィノバレーは2018年11月29日、岐阜県飛騨・高山地域の電子地域通貨「さるぼぼコイン」で電気料金の支払いを可能とすると発表した。さるぼぼコインの「さるぼぼBank」の利用者が申し込める電力プラン「さるぼぼコインプラン powered by ENS」(以下、さるぼぼコインプラン)で、利用者は中部電力の従量電灯B・C料金と同じ電気料金のまま、さるぼぼコインで支払える。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!