freeeは2018年12月17日、ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)の福岡銀行、熊本銀行、親和銀行と参照系API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携を開始したと発表した。福岡銀行、熊本銀行、親和銀行に口座を持つ事業者は、法人向けインターネットバンキングの利用明細を「クラウド会計ソフト freee(以下、会計freee)」に自動的に取り込めるようになる。

この記事は日経FinTech購読者限定です