飛騨信用組合は2019年2月19日、電子地域通貨「さるぼぼコイン」で飛騨市の市税などの支払いが可能になると発表した。2019年4月から開始する。対象となるのは市県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険料、水道料金、下水道等使用料で、1件30万円以下に限る。

この記事は日経FinTech購読者限定です