三井住友カードは、国内スマートフォン決済の一括管理を支援する事業者向けサービス「stera code」を同年3月末から提供すると発表した。新端末「stera terminal」を導入する事業者が主な対象で、複数のスマホ決済サービスの申し込みや資金精算などの業務を同社がまとめて実行する。

この記事は日経FinTech購読者限定です