富士通とBOOSTRYは、STO基盤を軸にしたトークンエコノミーの実現に向けて協力すると発表した。富士通のクロスチェーン技術「コネクションチェーン」と、ブロックチェーンを活用したBOOSTRYのSTO基盤「ibet」を活用し、セキュリティートークン(デジタル証券)やエンターテインメント向けトークンなどを連携させた相互接続プラットフォームの提供を目指す。

この記事は日経FinTech購読者限定です