シンガポール金融管理局(MAS)は、新技術の採用を進める金融機関に向けてサイバーセキュリティーのリスク管理に関するガイドラインを改訂したと発表した。新技術に関する開発から運用までのライフサイクルにおいて、セキュリティーを組み込む重要性を強調するのが狙いだ。

この記事は日経FinTech購読者限定です