横浜銀行とNTTデータは、両社で構築したシステム開発基盤である「オンラインデータ連携基盤」で開発した業務アプリケーションを、他の金融機関でも利用できるよう展開することで合意した。他行は横浜銀行が構築したアプリケーションをデジタル化の推進や業務効率化に利用できる。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料