従来の株式投資型クラウドファンディングには、多くの株主を抱えてしまうという弱点があった。エメラダは、議決権のない新株予約権を発行することでその弱点の克服を狙っている。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!