過去20年の間、企業のシステム環境は激変したにもかかわらず、情報セキュリティーの考え方は基本的に変わっていない。だがコロナ禍による急激な働き方の変化により、「平成のセキュリティー」の限界が露呈した。この問題への対応策として浮上しているのが「ゼロトラスト」と呼ぶ考え方だ。金融機関でも導入が始まりつつある。

この記事は日経FinTech購読者限定です