2007年から「山形地域産学金連携プラットフォーム(YG-Plat)」と呼ぶ取り組みを進めている。山形大学と山形県内に本支店を置く12の地域金融機関が連携して、地域企業の本業を支援する仕組みを指す。

この記事は日経FinTech購読者限定です