バスケットボールのゴールを付けたごみ箱と普通のごみ箱を並べて、どれだけ使われるかを実験したことがある。5週間にわたり利用者の人数をカウントしたところ、前者が1.6倍という結果だった。バスケのゴールという「仕掛け」を施すだけで、これだけの効果が得られる。

この記事は日経FinTech購読者限定です