IoT(インターネット・オブ・シングズ)やモバイルが当たり前になると、現実の世界でもオフラインの状態がなくなる。我々は、こうした現象を「アフターデジタル」と呼んでいる。アフターデジタルの時代に重要なのは、OMO( Online Merges Offline)という考え方。現実世界とデジタルを分けるのではなく、一体のものとして捉える必要がある。

この記事は日経FinTech購読者限定です