データ活用の重要性がうたわれてから随分時間が経つが、日本の金融分野でもデータ駆動型社会の考え方がようやく浸透してきた。例えば、財務データなどの数字だけでなく、様々な情報から経済のアクティビティー(活動)を捕捉するムードになってきている。この5年間で日本もステージが1つ上がったといえる。

この記事は日経FinTech購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料