「価値交換プラットフォーム」の提供を掲げるディーカレットが、デジタル通貨の実現に向けて存在感を発揮している。2020年6月には、3メガバンクやJR東日本が参加する勉強会を発足。標準モデルの確立に向け、議論を開始した。様々なデジタル資産の「仲介役」を担おうとするディーカレットにとって、大きな試金石になる。

この記事は日経FinTech購読者限定です