経済産業省は、コード決済の統一規格「JPQR」の店舗提示型に関する本格運用を開始した。「LINE Pay」や「メルペイ」、「d払い」、「au PAY」など10種類の決済サービスが対応済み。このほか「PayPay」は2020年7月、「ファミペイ」は同年10月、「楽天ペイ」は同年冬ごろに対応する予定だ。

この記事は日経FinTech購読者限定です