全1022文字
PR

 句点「。」の位置を確認して、長すぎる文章を洗い出します。このとき、文章を読む必要はありません。部下には1文が長すぎると伝え、1つの文章に1つのことが書かれている状態になるよう分割させます。これを通じて、短くシンプルな文章を書く訓練をさせます。

 こうして1文が短くなってから、ようやく内容の指導に移ります。

 このように、文章指導では部下とのやり取りを何度か繰り返します。そのことを、部下をはじめチーム内に周知しておくとよいでしょう。

豊田 倫子
コンピュータハウス ザ・ミクロ東京
豊田 倫子 ヘルプデスクや検証技術者などを経て、約20年前から教育サービスに携わる。新入社員研修やリーダー研修、マネジャー研修などの企画コンサルティングや教材開発、研修講師、研修運営などを担当する。人材育成研修の受講生は延べ7万人。特に人気の研修が、本セミナーのベースとなっている文章力研修で、これまでに約5000人の文章を指導してきた。日経 xTECH ラーニングの人気セミナー「伝わる文章の査読・指導スキル養成講座」の講師を務める。