全1146文字
PR

 もちろん、全てのケースを網羅できるわけではありません。ですから、「作業しながら不明な点が出てきたら、そのときに確認する」といった指示も入れておきましょう。この1文があれば、読めない文字を見つけた時点で後輩から相談があったかもしれません。

 今回のように、部下や後輩が自分の思う通りに動いてくれず、腹が立つことは誰しもあるでしょう。しかし、他人と過去は変えられません。変えられるのは自分と未来です。自分の指示書の書き方を変えることから始めてみてはいかがでしょう。

豊田 倫子
コンピュータハウス ザ・ミクロ東京
豊田 倫子 ヘルプデスクや検証技術者などを経て、約20年前から教育サービスに携わる。新入社員研修やリーダー研修、マネジャー研修などの企画コンサルティングや教材開発、研修講師、研修運営などを担当する。人材育成研修の受講生は延べ7万人。特に人気の研修が、本セミナーのベースとなっている文章力研修で、これまでに約5000人の文章を指導してきた。日経 xTECH ラーニングの人気セミナー「伝わる文章の査読・指導スキル養成講座」の講師を務める。