全830文字

 自分では問題ないと思って書いていた文章が、読み手にとっては分かりにくかった――。指摘された初めて気づいた、ということも少なくないようです。

 特に若手の技術者には、そうしたケースが珍しくありません。今回は、助詞の「が」をめぐる悩みを取り上げます。回答するのは、SEをはじめ技術の現場で働く人を対象に文章作成の指導をしている豊田倫子氏です。

相談:「あなたの文章は理解するのに疲れる」と言われた
 入社2年目のSEです。先輩から、「あなたの書いた文章は理解するのに疲れる。“が”が多すぎて文章が長い」と言われました。
 今までまったく意識したことがなく、指摘されて驚きました。何が問題なのか、どう直せば良いか分からず悩んでいます。