エンジニアのための学習サイト「日経クロステック ラーニング」。仕事に役立つ知識やノウハウを講座としてお届けするほか、エンジニアが押さえておきたいニュースや時事トピックをクイズ形式でご紹介します。

 今回は、日経クロステックに2020年2月第4週に掲載したIT関連ニュースの中から出題します。全部で3問、あなたは何問解けますか?

【問題1】アクセンチュアの組織再編、無くした領域とは?

 アクセンチュア(Accenture)は2020年2月20日、今後の事業戦略やテクノロジーの最新トレンドに関する説明会を開催しました。2019年9月1日付で全社CEO(最高経営責任者)に就任したジュリー・スウィート氏が来日し、2020年1月に発表した組織再編の狙いなどを語りました。

 同社はこれまで「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で事業を手掛けてきましたが、2020年3月付けで4領域に再編します。5領域の名称のうち、3月以降の4領域の名称から無くなった言葉は、次のうちどれでしょう。

  • (1)ストラテジー
  • (2)デジタル
  • (3)テクノロジー
  • (4)オペレーションズ

 正解は(2)デジタルです。

 4領域とは、「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」。「デジタル」という名称は無くなりました。

 スウィートCEOによれば「デジタルはあらゆる領域で当たり前になった」。デジタル領域の人材は他の全ての部門に組み込むといいます。

 関連記事は、次の通りです。

 次の問題です。

【問題2】ローカル5Gの無線局予備免許を国内で初めて付与されたのは?

 あるITベンダーが2020年2月18日、国内初となるローカル5Gの無線局予備免許を総務省 関東総合通信局から同日に付与されたと発表しました。

 このITベンダーとは、次のうちどれでしょう。

  • (1)NEC
  • (2)NTTデータ
  • (3)日立製作所
  • (4)富士通

 正解は(4)富士通です。

 富士通は、ローカル5Gの電波を発する無線局を富士通新川崎テクノロジースクエア(川崎市)に設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証を進めます。

 自社の他の事業所や工場およびグループ会社においても、順次、ローカル5Gの免許を申請する計画です。

 関連記事は、次の通りです。

 次の問題です。

【問題3】レジ無し店の公開を発表したコンビニチェーンは?

 あるコンビニチェーンが2020年2月18日、レジで決済せずに買い物できる「レジ無し店」を2020年夏にも都内で一般公開すると発表しました。

 このコンビニチェーンは、次のうちどれでしょう。

  • (1)セブンイレブン
  • (2)ファミリーマート
  • (3)ミニストップ
  • (4)ローソン

 正解は(4)ローソンです。

 レジ無し店で買い物するには、事前登録済みの専用スマホアプリが必要です。客はアプリに表示させたQRコードで認証して入店。購入したい商品を客が手に取ると、天井に設置した複数のカメラと、商品棚に取り付けた重量センサーで客と商品の動きを検知します。

 一般公開に先駆け、ローソンは富士通と共同で実証実験を手掛けます。

 関連記事は、次の通りです。

 クイズは以上で終わりです。またお会いしましょう!