全3956文字

「どういうことですか!」

 檜山は珍しく声を荒げた。

「河内は、来月からうちの管理会計プロジェクトに配属されるはずだったじゃないですか。次長も同意されてたでしょう? 急に無理になったなんて納得できません。予定通りにアサインしてください」

 仁科次長は、檜山とは対照的にのんびりとした口調で応じる。

「予定は未定って言うだろ、檜山。事情が変わったんだ。河内がいま担当している製品バージョンアッププロジェクトが佳境に入っていてな。山を越すまであと1カ月かかりそうなんだな、これが。だから1カ月、1カ月だけ河内なしでしのいでくれ。必要なら協力会社のメンバーを使ってくれていいからさ」

 檜山は唇をかんだ。

「しかし…フロント部分のワークフロー設計は河内じゃないとできないんです。協力会社といっても…」

「言いたいことは分かる。だがな檜山、本部会議での既決事項なんだから、飲み込んでくれよ。河内が病気にでもかかったと思ってさ」

「しかし…ほかのプロジェクトの見積もりが甘かったツケをうちに押しつけてくるなんて、既決事項だと言われても無茶苦茶です」

「そうは言ってもなあ」

 仁科次長は、回転椅子でくるりと回ってみせた。

「製品バージョンアップは、導入済みの複数顧客に影響を与えるから、リリースを遅らせるわけにはいかんのよ。管理会計プロジェクトのほうは社内だけの影響で済むし、まだ中盤戦だろ。リカバリーの余地はまだ十分ある」