全2889文字

 会議室から戻った檜山は、椅子の背からスーツのジャケットを取り上げようとして、ちょっとためらった。

 壁の時計は、午後1時を指している。新規案件を進めている東条物産とのアポは2時半だから、まだ少しだけ余裕がある。外出する前に、メールをチェックしておこう。檜山は、パソコンのキーボードに触れると、手早くパスワードを入力してスクリーンセーバーを終わらせた。

 檜山が、外出前の慌ただしい時間にメールをチェックしようとしたのには理由がある。山科のプロジェクトが気になっていたのだ。

 BP工業の在庫管理システム更改。山科にとっては、プロジェクトマネジャー(PM)としての初陣である。先月、檜山が新しくPMにアサインしたばかりの山科は、営業部門出身で、PMとしてのスキルにはやや不安がある。PMO部の岡崎担当部長も気にしていて、これまでに何度か、檜山に尋ねてきていた。「山科クン、大丈夫かしら。そっちにSOSなんか上げてきてない?」と。

 自分がPMにアサインした手前、その都度、「彼はヒューマンスキルが高いし、大丈夫ですよ。まだSOSは上がってません。何かあれば言ってくるはずです」とは答えておいたのだが。

 事実、山科を現場に送り出す時に、檜山は2つのことを言い含めていた。1つは、何かあったらすぐに相談しろということ。いつでも携帯電話に連絡を入れて構わないから、自分で問題を抱え込もうとするな。もう1つは、定期的に状況を報告しろということだった。正確に、簡潔に、ありのままに、現況を報告して、状況を共有しろ。これが、檜山から山科への指示だった。

 その山科から、まだ今週の報告が入ってこない。本当なら、昨日のうちに着信しているはずだったのに。

 そういえば、岡崎担当部長は気になることを言っていた。

「SOSが上がらないというのも、心配なのよね」

 あれはどういう意味だったのだろう。それはともかく、このところの忙しさにかまけて、山科とあまり話ができていない。確かに、ちょっと心配ではある。

 メールボックスを開いて、檜山はほっと息を吐いた。Shinichi Yamashinaという差出人名が、目に飛び込んできたからだ。

[画像のクリックで拡大表示]