全3422文字

「ごめん。ともかく、行ってくる」

 なぜ俺が、逃げるように玄関を出なければならないのか、そう思うと、檜山の気分は晴れなかった。

 調整と連絡が必要なのは、家庭内だけではなかった。

 自席につくとすぐ、檜山は固定電話の受話器を取って、外線の番号を押した。

「山科か? 檜山だ。今日も早い出勤だな。すまん。実はちょっと予定が入って…」

 今日が帰社日の山科に、予定の変更を伝える。もともと、部下の山科との面談を予定していたのだ。