全3422文字

 胸元に書類を抱えた関谷グループ長が、背後に立っていた。表情が険しい。彼女が時おり部下に見せる怖い顔だ。しかし、檜山には、関谷グループ長が何に腹を立てているのかわからなかった。

「はい?」

 曖昧に応じた檜山に向かって、関谷グループ長はまくし立てた。

「人事研修は受けたんでしょう? 部下の育成は、私たちグループ長の第一の仕事。そうくぎを刺されなかった?」

「は、はい。それはそうだと思いますけど…」