全3422文字

「だったら、『こなす』なんて言い方してはダメ。どうにかして、部下の話を聞く時間を作らないと。そして、一人ひとりに合わせて、キャリアプラン作成を支援するの。親身になってね。これは必須ミッション。手を抜くと後悔するわよ」

 檜山は、相手のけんまくに目をぱちくりさせた。

「はい。確かに…」

「じゃ、私もこれから面談だから。しっかりね」

 関谷グループ長は、現れた時と同じように、唐突に去っていった。

 檜山は、今のやり取りを見守っていた小山グループ長のほうに、向きを変えた。

「どうしたんですかね、関谷さん」

 小山グループ長は、首をかしげた。

「どうしたって…ああ、そうか。君は知らないんだね」

 檜山は問い返した。

「知らないって、一体何の話です?」

 小山グループ長は、一瞬ためらってから話し始めた。