全3422文字

「2年、いや3年前になるかな。うちに富永ってSEがいたのを、覚えてるだろ」

「もちろん。なかなか優秀だって評判でした」

「そう、優秀だった。彼は、関谷さんの部下だった」

 檜山は、首を傾げた。

「確か、転職したんでしたよね。富永君は」

「その通り」

 小山グループ長は、重々しく深くうなずいた。

「メーカー系の会社に転職した。実は、うちでの担当職務に不満を持ってたらしいんだ。でも彼は、関谷グループ長に一言も相談せず、転職支援会社の面接を受けた。転職先が決まってから、初めて打ち明けたんだそうだ」

「そうだったんですか」

 檜山は頭を振った。グループ長にとって、それは痛い。部下との基本的な信頼関係が崩壊していたことになるからだ。

「関谷さんはね」

 小山グループ長は、彼女の後ろ姿を探すように、廊下のほうを見た。