全3095文字

「次長、すみません。折り入ってお願いがあります」

 あらたまった檜山の口調に、仁科次長は目を剥いた。

「檜山か。何だ急に。びっくりするじゃないか」

 檜山は、深々と頭を下げた。

「本日のデータセンター見学ですが、よんどころのない用事が入りまして、キャンセルさせてください」

「えっ? キャンセル?」

 仁科次長は、目をさらに見開く。

「よんどころのない用事って何だ? 障害か何かか?」

 檜山は、首を横に振った。

「じゃあ、別のお客様から呼び出しでもあったか?」

 檜山は、また首を振る。下手にごまかさず、正直にいこうと、もう決めていた。