全3388文字

 けげんな顔をする仁科次長に向かって、檜山は説明した。

「覚えておられますか? 以前、協力会社のSEさんが、別のお客様の仕事をかけもちしていて問題になりましたよね」

 仁科次長の顔に、笑みが浮かんだ。

「そんなこともあったな」

「あのとき、興奮している私に、次長はウイン・ウインの話をされました。相手先にもいろいろ事情があり、思惑もあるのだから、ウイン・ウインの関係を作らないと長続きしないぞ、と」

 仁科次長が、照れたように顔を伏せる。

「俺が、そんな立派なことを言ったか?」

 檜山はうなずいた。

「はい。そのときのことを思い出して、考えたんです。いったい、村内さんはどういうつもりなんだろうと」

 檜山は、昨夜一晩かけて考えた作戦を、上司に説明した。仁科次長は、聞き終えると腕組みを解いて、にやりと笑った。

「なるほど。お前もいろいろ考えるようになったな、檜山。もしこじれるようなら言ってくれ。その時は俺が出ていくから」