全3388文字

 Ptソフト開発の村内は、見るからに緊張していた。

 無理もない。檜山から、事前に「ご上司の戸田様の同席をお願いしたい」と言われていたから、てっきりクレームをつけられると思ったはずだ。だとしても、言うことは言わねばならない、そんな悲壮な決意が、村内の目元に漂っていた。

 しかし檜山は、村内の上司の戸田営業部長の顔をまっすぐに見てから、言った。

「このたびは、村内様に大変なご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません」

 そして、深々と頭を下げた。

 あっけに取られたのは、村内だけではなかった。戸田営業部長も、ぽかんと口をあけている。