全3388文字

「檜山さんは、君を助けようとしてくれてるようだぞ」

 戸田営業部長は、檜山に向かって、ざっくばらんな口調で言った。

「檜山さん、お察しの通りです。前回の仕事で、かなりのコスト超過になったこともありまして、村内は今回是々非々でいく方針で臨んでいます。日次の報告や品質評価といった追加作業を、安易に受けないようにするということです」

「そうですか」

 檜山はうなずいた。読み通りだ。村内さんは、上司からくぎを刺されて、今回の取引でコスト超過の原因を作るまいと必死だったのだ。

「ですが…」

 さらに説明しようとする檜山を、戸田営業部長は手で制した。

「村内から、こちらの立場をきちんと申し上げているようです。その上で、そちらのお考えがわかりました。確かに、後手に回ればこちらのダメージも拡大します。村内、話はわかったから、何ができるか、よく檜山さんと相談するんだ。いいな」

 村内よりも先に、檜山が言った。

「富田さんや吉山も交えて、本音でお話ししましょう」

 戸田営業部長がうなずいた。

「2人が直接の担当者ですからね。双方のメリットになるように、解決する方法があるはずです。檜山さん、引き続きよろしくお願いしますよ」