「G検定」は、日本ディープラーニング協会が実施する資格試験。ディープラーニングを事業活用する人材(ジェネラリスト)に必要な知識を有しているかを問われるものだ。国内企業でAI(人工知能)を生かした事業企画に携わる筆者が、知識ゼロの状態からG検定を受験。その体験記をつづる。