全2495文字

 ここからも、心を支配する力は、見かけほど簡単に得られないことがわかるだろう。私たちは、ある程度までは脳の生物学的プロセスの餌食になってしまうのだ。しかし、私たちは動物ではなく人間なので意識を持っている。そのため、私たちにはこの基本的な生物学的プロセスを制圧する能力を持っている。それは選択の自由、自由意志だ。

 象はピンクだと自分に信じ込ませることはできないかもしれないが、繰り返し言い聞かせることにより、自分が信じ込んでいることを自分の好みの考え方に切り替えることはできる。私は、あなたと同様に、自分の思考を形作る力を持っているのだ。

 しかし、信じ込んでいることを変えられたからといってどういう意味があるのだろうか。自分の思考や思考方法を変えられる例外的な能力を持っているかどうかが、なぜ重要だというのだろうか。あなたの現実認識に合わせて物理的な世界が変わるというのだろうか。

 話が面白くなってくるのはここからだ。私はこの質問に「そうだ」と即答したりはしない。そんなことをすれば、あなたはここでこの本を読むのを止め、ゴミ箱に放り込むだろう。もちろん、物理的な現実はあなたの思考や信念によって完全に形を変えたりはしない。そうですよね?