全2287文字

 しかし、じっと座って何もせず、好きな相手がこちらにやってきてくれるのを待つのもいい戦略とは言えない。とても長い間、待つことになるだろう。正解は、行動の端々から自信に満ちたオーラを発散し、話しかけやすいけれども威厳があるという感じで人に近づいていくことだ。「私は自分に満足しているし、あなたがどうしても必要というわけではないけど、あなたは面白そうだと思うので、もうちょっとあなたのことをよく知りたい」(もちろん、私ならこの通りに言ったりはしないが)。

 ポイントは、こういうニュアンスを実際に伝えることだ。あなたは、「自分が幸せになるために他人は必要ない」と本当に信じるために、十分に自信を持っていなければならない。また、あなたが近くにいることによって、その人の人生がよくなると本当に思っていなければならない。あなたは自分自身を大切にしているので、自分が望まれているところにしか現れず、自分を求める人としか時間を共有するつもりはないということは伝えなければならない。

 だからといって成功が保証されているわけではない。成功の保証などない。しかし、人間関係の大半を支配しているらしい追いかけっこの心理学を意識することができれば、本当に愛する人を見つけられる可能性はぐっと上がるだろう。そして、これは恋愛だけの問題ではない。あらゆる種類の人間関係に当てはまる。