全1893文字

 第1~2回で、研究開発部門に所属する相川さんのプレゼンの事例を基に、気を付けるべき5つのポイントを見てきました。

  1. 出席者の興味やニーズを事前に確認/推測する
  2. ミーティングの目的やゴールを冒頭で共有する
  3. 出席者の“世界観”の中での位置を明確にする
  4. 出席者に「心の準備」をさせる仕掛けを埋め込む
  5. ミーティング終了後も興味を持たせる仕掛けを埋め込む

 今回は、この5つのポイントを踏まえた、プレゼンの「鉄板フレームワーク」を紹介します。プレゼン構成で困ったときにそのまままねして使えますので、ぜひ覚えておいてください。

 そのフレームワークとは、図1の通りです。

図1●プレゼンの「鉄板フレームワーク」
図1●プレゼンの「鉄板フレームワーク」
[画像のクリックで拡大表示]

 これを、相川さんの事例に当てはめて見ていきましょう。研究開発部門の相川さんが、開発中の製品を営業部員にプレゼンする際に望ましいのは、図2のような構成です。

図2●研究開発部門の相川さんが、開発中の製品Aを営業部員にプレゼンするときの構成例
図2●研究開発部門の相川さんが、開発中の製品Aを営業部員にプレゼンするときの構成例
[画像のクリックで拡大表示]