全4018文字

 そのとき、後ろを学生が数人、大声でしゃべりながら通り過ぎた。おやっさんは、彼らが通り過ぎるのを待って話を続けた。

「しかし、開発している本人にそれを考えさせることには無理がある。自分のしていることを否定することになるし、そもそも日々の仕事に追われてそんな時間はない。開発に力を注ぎ、競争力のある商品を作り出すことが、その人の仕事だから、何よりそれをやるべきだ。それが本人の実力アップにもつながるし、会社の競争力に直結するものだ。競争条件が変わっても、開発者の実力が高ければ挽回できるかもしれないし、他の部署へ行っても十分戦力になるだろう」

「デジカメの需要が減っても、デジカメの機能はいろんなところで使われるから、開発者は実力さえあれば、応用が利くということですね」

 私は、スマホのほか、防犯カメラや医療機器の内視鏡などカメラの応用例をいくつか挙げた。

「その通りだ。消費者が選ぶポイントは変わっても、その商品に必要な機能であれば、開発を続ける必要があるし、その商品がなくなっても、他の商品に応用できることもある。商品はあきらめても、技術の価値は残るということだ」

 ここで私は、新規事業開発部に配属されることが決まり、どうしたものか困っているという話を、この人にしてみることにした。会社の事情もよく知らない人に話して意味があるのかと思ったが、何かヒントが得られればいいという軽い気持ちだった。

 私の相談を聞いて、おやっさんはためらうことなく答えてくれた。

「よくある話だな。どこの会社でも新規事業開発部を設置しているが、本来は経営陣の仕事だ。新規事業開発部を設置して、あとは人任せでどうにかなると考えているとしたら、その経営者は失格と言えるな」

「でも経営者だって日々の仕事に追われて、新しい事業を考えている暇がないのではないですか」

 疑問を投げかけてみた。